Y&Y セミナー+ワークショップレポート

* ムナイ・キ

インカのシャーマンの世界からもたらされた「ムナイ・キ」は、私たちのエネルギーをホモルミナス(光の存在)へと変容させていく9つのイニシエーションです。 シャーマンになる時には、神とのある契約が求められます。 その契約書には「スピリットを呼んだ時には、スピリットはすぐに駆けつける」ということ、そして小さく、「スピリットが私たちを呼ぶ時は、必ず私たちが駆けつけなければならない」と書いてあります。 「ムナイ・キ」では実際の契約書があるわけではないのですが、一人一人がその場で「決意をする」という形で契約を結びます。

各儀式の前には必ず聖なる空間(場と自分自身)を開きます。 場を開く際には、4つの方角をつかさどるパワーアニマル(南:ヘビ、西:ジャガー、北:ハチドリ、東:イーグル)と母なる大地(マザーアース)、父なる太陽(ファーザーサン)に祈りを捧げます。 また各儀式にはパインストーンという円形の石を使い、その形や中央の丸い穴を通じてエネルギーをつないでいきます。

儀式を受ける前に手順のレクチャーがあり、一人が先生から儀式を受けている間も受講者同士で練習を繰り返します。 何度も繰り返すことで、その場のエネルギーがどんどん高まっていき、さまざまなメッセージを受け取ったり、ある時はパワーアニマルが導いてくれたり、同じ儀式でも受けるたびに違った体験が待っていました。 中でも私が印象的だったのは、古代遺跡のエネルギーをもたらし女性性を目覚めさせるデイキーパーの儀式でした。 儀式の最中に全身がゴールドに輝き出して、そのあまりの美しさと眩しさに圧倒されてしまったのですが、終わった後に手のひらや首の周辺を見ると金粉が出ていました(その後3日ほど続きました)。

・・・・・・・・・・・ ◆ ・・・・・・・・・・・

私の場合、「ムナイ・キ」を受けた直後に銀河の活性化の門が開き、満月とともにマヤの新年を迎えました。 そのパワフルなエネルギーの高まりとともに自分の身に何が起こっているのか、正直その時点ではよくわかりませんでした。 ただあるのは、すでにサイズの合わなくなった窮屈な服を着ているような、とても居心地の悪い感覚でした。

「ムナイ・キ」はライトボディーに埋め込まれた光の種を自分自身で育てていくので、儀式そのものの体験よりも終わってからの変容がとても大きいようです。 それも水面下で起こっている小さな積み重ねを、ある日、大きな変化として認識させられるということが多いように思います。 このレポートを書き始めてからも、3カ月ほど前と今とでは自分自身の在り方が大きく変わっていることにあらためて気が付きました。

その変化のきっかけとなったのは、「何もわからなくてもいいから、とにかく自分に対して誠実でいよう」と思うようになったことでした。

何からもコントロールされることなく内側からわいてくる思いに忠実でいること。
人と比べないこと。
インスピレーションに基づく行動をとること。

そう心に決めた日から私は誰かに尋ねるのをやめました。 私が求めているものは誰も知らないことだから。 答えは自分しか知らないから。 内側の声と向き合い、一つ一つ自分の感覚で「悟っていく」のがシャーマンの道なのではないかと思ったのです。 (次ページへ続く