Y&Y セミナー+ワークショップレポート

* 前世療法セラピスト養成講座

四大天使からもらった、セラピストを守るための “魔法の道具”。

実践に入る前にまず最初に行う「四大天使のアチューメント」では、四大天使とつながり、それぞれの大天使からセラピストがより安全にスムーズにセッションを行うためのツールを受け取ります。 (ここには先生がしてくださった解説に加えて、私が使ってみて感じたことを書いておきます。)

大天使ミカエル
真実の剣】 セラピストとクライアントの間で真実だけを映し出す “鏡” の役割をしてくれます。 セッション中に、エゴによる判断を下したり迷いが生じたりといった不安要素を払拭してくれるので、常にニュートラルな意識を保つことができます。
光輪】 “ハイヤーセルフコンタクト” をサポートするので、常にクライアントのハイヤーセルフとつながり導かれながらセッションを行うことができます。 さらに第7チャクラが開き、高次元とのコミュニケーションがスムーズになってきます。
大天使ラファエル
天使の羽】 癒しの象徴である天使の羽。 セラピーの中で過去世や幼児期などの痛みに癒しをもたらしてくれること以外にも、この背中の羽の存在がライトワーカーとしての使命や目的をいつも強く意識させてくれます。
大天使ガブリエル
光の玉】 光の玉は2つあります。 一つ目の光の玉はハートの中へ。 クライアントの感情や痛みと共振することを防ぎ、ネガティブなエネルギーからセラピストの中心を守ります。 もう一つはクライアントからネガティブな感情が出てきた時に手の平から出すと、それを包んで天に返してくれます。
大天使ウリエル
光のオーラ】 これをもらった瞬間、直観的に “マントをはおった” と思いました。 ハートの中心の光を広げていくと、一瞬にして濃密でクリアな光のオーラを引き寄せ、セッション中に浮上してくるネガティブな波動から保護してくれます。

エネルギー的なサポートでセッションがより深く意味のあるものに。

セッションの前には、四大天使や光の存在たちを降ろして神聖な光の領域を作ります。 それだけでも十分なサポートが得られますが、天使から受け取ったこれらのツールは、光の中で最善のセッションが行えるようにさらに手厚いサポートをしてくれます。 そして四大天使は、セラピストがゆるぎない自信を持ってセッションができるように、どんな時もすぐそばで見守ってくれます。

また、クライアントにとっての大天使やハイヤーセルフは、過去への旅を安全に行うために寄り添い支えてくれる心強い存在です。 孤独やトラウマ、自分のためにならない信念、過去に交わした契約など直面した様々な問題や状況を、愛と光で癒す手伝いをしてくれます。

私にとっては、エネルギーワークの懐の深さやクリエイティブな側面を改めて知ることになったのですが、とても斬新だと思ったのが、光の神殿の中で天使とつながり、レイキのテクニックを応用してエネルギー的なサポートを施すことで、今癒すべき過去へと、とてもスムーズにタイムラインを超えていけるということです。 ここがこのセラピーの要の部分であり、エネルギーワークを融合させることでセッションをより深く意味のあるものにしていく “Y&Y” 独自の手法です。 セラピストとクライアントの間に生まれる霊的なレベルでの “一体感” も、私にとっては前世療法の可能性を飛躍的に広げてくれるものでした。 (次ページへ続く