レムリアン・エンジェル・レイキ
レムリアン・ライトワーク
Y&Yヒーリングセミナー
レイキセミナー
レイキ復習会
ヒーラー養成コース
レイキセミナーの特色
セミナー受講者の声
セミナー受講者の方へ
ヒーラーのための教養講座
Y&Y 認定ヒーラー&ティーチャー
ライタリアン
ライタリアン・ピュリフィケーションリング
ライタリアン・クリアリング
ライタリアンレイキ
ライタリアンレイ
エンジェルリンク
ライタリアン研究所ライセンシー
ライタリアンイメージ集
カルナレイキ
カルナレイキセミナー
カルナレイキあれこれ
カルナレイキ日本支部
ヒーリングセッション
12の宇宙光線
ガイアクリスタルアチューンメント
再アチューンメント
エンジェルメッセージ
前世療法
レイキヒーリング
スピリチャルリーディング
Y&Yインフォメーション
総合案内
これまでの経緯
過去のイベント
Message From Yuko
Message From Y&Y
セラピスト Yuko Okamoto
プロフィール
ヒーラーになるまで
トップページ
サイトマップ
セミナー受講者の声 Y&Y ヒーリングセンター


[ Cover Page | Prev | Next ]

Amari さん
 
i
 昨日、思わず、「あれ?もうエネルギーが送られているのかな」と私が勘違いするほどに、強く温かく存在を感じていたものがウリエルだったことや、たぶんこれまでもサポートしてくれていた・・・のかなあとしみじみ感じたこと、女神や、セラフとのつながりも、改めて教えてもらえたこと・・・、嬉しい気持ちをたくさんいただいたエンジェルリンクでした。 心からありがとうございます。
.......... next


ii
 早速、降ってくるように気づいたことがありました。 先生が教えてくださった、ウリエルからのメッセージ「空を飛ぶ青い馬」について。

 ウリエルのリンクの前に、昨日からの流れをうかがっていたので、親しみを感じながら、リンクの瞑想の時間に入っていたのですが、最後の方で、「あなたの姿、イメージを見せてください」とウリエルにお願いしていました。 たぶん、それへの答えが先生を通じてもたらされたのかナ・・・と。
.......... next


iii
 実は去年の9月頃に、ある日突然、私のガイドと思われる「存在」が、ヴィジョンを送ってきて驚いたことがありました。 それはプラチナブロンドのとても美しい青年で、明らかに人間ではなく、宇宙人かなと思っていました。

 で、その日から、たぶん2ヶ月くらいかけてようやく私は彼が本当に自分のガイドで、存在を私に知らせてきたのだということを素直に受け入れることができ、同時に、彼とその仲間たち(どうも仲間がいるようです)が、数年来、私の執筆を導いているということも、感じることができました。
.......... next


iv
 彼らのチームにつつかれながら(笑)、私は彼らのプロジェクトの一端を担っているのだと、伝えられたように思っていました。 11月の半ば頃、ようやくそれを私自身が受け止めた直後、一つの流れのようにエンジェルリンクをいよいよ受けたいという思いがわいてきて、先生のHPから申し込みをしたのでした。

 そして・・・今日、先生に昨日のことを教えてもらうまで、あまりウリエルとの個人的なつながりを意識したことはなかったのですが、今日、ウリエルの後のラファエルの最中だったか、上記の私のガイド(プラチナブロンドの存在)のことを思い出していました。
.......... next


v
 それから、昨日だったか、テキストを読んでいる時に、ウリエルはギリシャ神話にいう、エロスと同じではないかな・・・と、ふと感じたのです。 エロスは愛と美の女神であるアフロディーテの息子であり、ギリシャ神話の解釈は置いておいて、さらに時代をさかのぼると、性と聖が一つだった時代の、とても神格の高い神であったとか。 アフロディーテも同様で、どちらも時代が男神崇拝の文明期に移った時に、愛欲の女神とその息子というレッテルを貼られてしまったようです・・・。

 と、話がそれましたが、実は私のライフワークは、女神性、女性性、母系社会であり、それらのテーマに行き着いたのは、ほとんど導きとしか言いようがありませんでした。 女神に目覚め、女性性の真実に目覚め、・・・離婚までしてしまいました(笑)。
.......... next


vi
 そんなことで、ウリエル、エロス、アフロデイーテ(ヴィーナス)のラインを、昨日ふと考えていました。 私の小説にもそれらのエッセンスはたくさん注ぎ込まれていて、今日、リンクが終わってから、先生のお言葉と今書いたような一連のことがつながったように思いました。

 9月に姿を見せてくれた私のガイドは、石に例えるとアクアマリンとセレスタイトとブルーレースを散りばめたような雰囲気を持っています。 瞳はまさにアクアマリンのようです。 とても愛嬌がある、ユーモアに満ちた感じです。
.......... next


vii
 リンクが終わってから、彼自身がウリエル(の一員?)なのだと自然と思いました。 天使というと、ついつい背中に翼がなくてはいけないという先入観があったので、彼の姿を天使的な存在とは結びつけていませんでした。

 けれど、エネルギー存在である天使は、時にいろいろな姿を持って顕現するわけですものネ・・・この流れから、やはりその彼自身がウリエルだったのだと自分では思いました。 で、彼が以前教えてくれていた名前が、「空を飛ぶ青い馬」・・・と、まるでダジャレのように一致しているのです。 本当にダジャレのようなもので、私にしか分からない一致です。

 それから、アフロディーテ。 以前、瞑想していた時に、ヴィーナス(アフロデイーテ)の「1/1000」だと言われたことがありました。 今この時代に、女神につながるお仕事をするための使命のようなものを授かっているのかな、という思いがありましたが、先生が同じことをおっしゃられ、また、アフロディーテを感じていたとのことで、嬉しくもあり励まされる思いです。
.......... next


viii
 そんなご縁から、ウリエルはきっと、昨日から活躍してくれていたのですね。 「青い馬」のガイドと同一であると知ればなおさら彼に親しみを感じます。 そして、そもそもこのエンジェルリンクに導いたのも、彼だと分かりました。

 もちろん、他の天使たちにも、愛情、愛着がわいてきて、とても幸せな気持ちです。 私自身もエンジェルリンクを人に伝えていきたいと、心から思えました。
.......... next


ix
 あれからまた、一つ思い出しました。 一週間前くらいに、エンジェルリンクのテキストを読んでいたら、読んでいるだけでエネルギーがやって来て、ぐるぐるしていて驚いたことがありました。 あれも今思えば、ウリエルのテキストだったかなあと思います。 今回、エンジェルリンクを受けるよう動いてくれていたのが、そもそもウリエルだったようなので、きっとずっとこの過程を見守り、側にいてくれたのかもしれません。

 それからそれから、私はもう10年来コーヒー中毒なのですが、スピリチュアルの道を歩み始めて、アルコールや肉食は自然とダメになったのですが、コーヒーだけはなかなか、やめるどころか量が減ることもありませんでした。 それが、昨日を境に「飲みたくない」という、信じがたい現象が起きています! 1日に5〜6杯飲んでしまう人間なので、この変化にびっくりしてます。 ずっと続くと良いのですが(笑)。

Arganza
http://www.earthkeeper.jp/arganza/
web shop Sacre Coeur
http://www.sacre-coeur.jp/
web shop Lumiere Blanche
http://www.lumiereblanche.net/
(※別ウィンドウが開きます。)

.......... end


[ Cover Page | Prev | Next ]

▲top


Y&Y ヒーリングセンター
E-mail: info@yandyhc.com
このサイトの情報を無断で転載することを禁じます。
プライバシー・ポリシー | サイトマップ