レムリアン・エンジェル・レイキ
レムリアン・ライトワーク
Y&Yヒーリングセミナー
レイキセミナー
レイキ復習会
ヒーラー養成コース
レイキセミナーの特色
セミナー受講者の声
セミナー受講者の方へ
ヒーラーのための教養講座
Y&Y 認定ヒーラー&ティーチャー
ライタリアン
ライタリアン・ピュリフィケーションリング
ライタリアン・クリアリング
ライタリアンレイキ
ライタリアンレイ
エンジェルリンク
ライタリアン研究所ライセンシー
ライタリアンイメージ集
カルナレイキ
カルナレイキセミナー
カルナレイキあれこれ
カルナレイキ日本支部
ヒーリングセッション
12の宇宙光線
ガイアクリスタルアチューンメント
再アチューンメント
エンジェルメッセージ
前世療法
レイキヒーリング
スピリチャルリーディング
Y&Yインフォメーション
総合案内
これまでの経緯
過去のイベント
Message From Yuko
Message From Y&Y
セラピスト Yuko Okamoto
プロフィール
ヒーラーになるまで
トップページ
サイトマップ
セミナー受講者の声 Y&Y ヒーリングセンター


[ Cover Page | Prev | Next ]

K.Y さん
 
i
 ゆう子先生、レベルIII どうもありがとうございました。 有意義な時間を過ごせました。 実は金曜日幾つかのヒーリングCDを買って、このCDを聴きながらボーッとしていたんです。 どれくらいの時間聴いていたかはわからないんですけれど、とても曲に癒されて泣いてしまっていたんです。
.......... next


ii
 レイキI 受講後から私の家の裏にある大きな木に何度も目がとまり、レベルII のあとにもこの木が気になり、レベルIII 後にもこの木が気になっていたんです。 ヒーリングCDを聴いているとき、この大きな木を見つめたままでした。 泣きながらも木を見たままだったんです。 目を反らせない感じで。
.......... next


iii
 なぜこんなにもこの木が気になるのか不思議に思っていたんですが、 いつしかCDを聴きながら瞑想をしていたんでしょうか。 この木と話すという経験をさせてもらいました。 突如聞こえてきたわけで、話そうという気持ちを持っていたわけではありません。

 木は私に、「私はあなたが生まれ、この家(私の住む家)に来た頃からいつの日もあなたの成長をここから見守っていました。あなたが遊んでいるとき、泣いているとき、怒っているとき、食事をしているとき、 いつの日もいつの日もここからあなたを見つめていましたヨ。そして今、あなたは私を見つめている。 私はあなたが、ずっと私がここにいることを気づいてくれる日を待っていました。やっと気づいてくれましたね。ありがとう。」 ハッキリとこの木は私にこう話してくれました。

 「やっと気づいてくれましたね。ありがとう。」という言葉を聞いたとき、私は声をはりあげて泣きました。 止めようと思ったけど止まらなくって。
.......... next


iv
 よくよく思い出してみると確かにこの木は私が幼い頃から家の裏で生きていた木です。 泣きながらでしたが、この木に愛されているんだなぁということが分かって、何度も何度も「ありがとう」と言いました。 すると、同じく木も「ありがとう」と答えてくれました。 私は"今この瞬間に在る"ということを体験させてもらうことができたのだと思います。 全てのものの"生"に気づくことができました。

 レイキに出会う前は気にも留めていなかったことが、レベルIII 受講後には・・・。 まだまだ気づかせていただこうと思っています。


v
 思考で生きるのではなく、自分の中心に光を当て、今を生きることを教えてくださっている、それがレイキなんだと思います。 レイキは頭でわかるものではないですよね。 思考も確かに大切かもしれません。 ですが、もっと大切にいたわらなければならないものがある。 私自身、このことを本当に忘れてしまっていました。 ですが、レイキで思い出すことができたのです。 大変ありがたく思っています。
.......... next


vi
 思考で、にっちもさっちもいかなくなっている人。 「自分はダメな人間だ」と思考で思い続けている人など・・・。 きっとたくさんおられると思います。 どんなに太陽の光を背中で感じていても、本来ある光が雲隠れしていたり、雨に打ちひしがれていたり、雷が鳴り響いていたりすれば、光を思い出すことも感じることも輝きを増すことも、なかなかできません。

 光を忘れつつある人が手を差し伸べてきたとき、その手を握ってあげて、その人の持つ光が輝きを増すように、また、光に気づけるように、その人がもし必要と感じたならば、私でよければ案内役というかお手伝いをさせてもらいたい。 今はこんな風に感じています。 「自分で自分をいじめるのはやめましょう」ということに、多くの人が気づいてくれることを願っています。
.......... end


[ Cover Page | Prev | Next ]

▲top


Y&Y ヒーリングセンター
E-mail: info@yandyhc.com
このサイトの情報を無断で転載することを禁じます。
プライバシー・ポリシー | サイトマップ